寝返りの科学





















 2008年12月 
  ケーブルテレビに当店が
  取材されました。


 





 Msnet

 寝具のユタカ


 
 
睡眠中には、主に脳を休息させる「ノンレム睡眠」と、主に体を休息させる「レム睡眠」が交互に出現します。寝返りは、「レム睡眠」前後におこりやすく、日中の筋肉の疲れをほぐし、
脊柱の歪みを矯正し、睡眠中の一定の姿勢から起こる血行不良を直す働きがあります。

適正な寝姿勢は、寝返りの打ちやすい状態を作りだし、深い睡眠を導きます。睡眠中は、仰臥の状態(体が上を向いている状態)で睡眠時間全体の40〜50%を過ごすのが理想とされていて、この寝姿勢は敷寝具の支持性・固さと深い関係があります。

この姿勢にたいしてキャメル敷ふとんスイスマットサポーターピロキャメルピロが睡眠中の寝姿勢を保ちます。
 

柔らかすぎるベッド、敷き寝具の場合、からだの支持が不安定になります。姿勢を保持する必要性が生じ無意識でいつもどこかに力が入っているため筋肉への負担が大きく、また極端に硬いベッド、敷き寝具も痛みを感じ、筋肉が緊張します。。
敷寝具で大切なことは、正しい寝姿勢を保ちながら、筋肉の緊張を取り除くことが重要です。
 
敷寝具が適切だと寝返りは、ほとんど良い回数になる。不要な寝返りが減り、レム睡眠前半の寝返りが多くなり、睡眠リズムが整い、快適な朝の目覚めがきたいできます。


 Copyright@ 2009 大阪・豊中にある寝装のユタカ All Rights Reserved